うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
#043 大澤哲哉 × 水谷智美『それはまるで絵画のような』at RITMUS

 

 

2018.08.18(Sat.)〜 08.28(Tue.)

 

大澤哲哉

1984年 岐阜県多治見市生まれ

2008年 名古屋芸術大学陶芸コース卒業後、

吉川正道氏に師事

現在、愛知県常滑市にて活動中

 

RITMUS的解説

若手の陶芸家さんで、かつ花器などの大物も作られている作家さんは

いないかなと探していた時に、たまたま拝見したのが、大澤さんの花器でした。

素焼きの器に赤土を塗り、さらに白土を重ねてから焼成し、

ヤスリをかけてエージング感を出している作品は、

そこにあるだけで周りの風景を絵画のように

変えてしまうような存在感を放っていると思います。

 

 

水谷智美

1977年 福岡県豊前市に生まれる

1997年 愛知県立芸術大学陶磁器科入学

2003年 岐阜県飛騨市に築窯

2011年 島根県松江市に移住

2015年 佐賀県多久市に移住工房を開く

 

RITMUS的解説

太古から受け継がれる、自然の恵みと生きる知恵、

暮らしの中に自然の景色が感じられる器を目指して作陶しておられます

水谷さんの彩セッ器シリーズは、まさに太古の人々が暮らしの中で使っていた

土器のような空気感を持っていると思います。

exhibition comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>