うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
#040 茨木伸恵『Grön』at RITMUS / 内山直人 POP UP SHOP 夏編 at RITMUS+10 / はしもとさちえ『 ココロオドル』at RITMUS

 

 

2018.06.02(Sat.)〜 06.17(Sun.)

 

茨木伸恵

1979年  新潟でうまれ、育つ。

文化服装学院にてアパレルデザインを学ぶ。

在学中の研修旅行で訪れた、陶芸家 富本憲吉の

ものづくりの姿勢に感銘を受ける。

多治見陶磁器意匠研究所にて陶芸デザインを学ぶ。

修了後、個展やイベント出展など作品を発表。

2013年より、パリ、ロンドン、コペンハーゲンなど、

ヨーロッパのショップ、ギャラリーにて作品を発表。

 

RITMUS的解説

青が印象的な茨木さんの手びねりの作品達。

その青い作品達は、中世ヨーロッパの絵画から

飛び出してきたような色彩と質感、

そして存在感を持ち合わせています。

茨木さんが愛されている詩人、

谷川俊太郎さんの『青は遠い色』の一節、

“どんなに深く憧れ、どんなに強く求めても、青を手にすることはできない。”

そんな青い存在を手にしてみてはいかがでしょうか。

 

期間中、

つむぎさん(http://tsumugi-hana.com

のお花や枝モノも一緒に展示販売させて頂きます。

 

06.02(Sat.)

村上麻衣(村上レシピ)さんによる出張喫茶

麻衣さんの珈琲とお菓子を11時半より販売いたします。

テイクアウトもお受けいたします。

 

 

 

 

内山直人

1982年 岡山県倉敷市生まれ
2005年 立命館大学文学部卒業後
金属(主に真鍮やシルバー)を用いて装身具の制作をはじめる。
以降各地で個展、グループ展、クラフト展など多数。
「シンプルでありながらディティールに凝ったもの」を志向。

 

RITMUS的解説

岡山県倉敷市で金属のアクセサリーを日々製作している内山さん。

内山さんのアクセサリーは、実用に沿うこと、そしてシンプルでありながら

うねりのある柔らかなやさしいディティールにこだわり、

さりげなく日常スッと馴染む感じアクセサリーだと思います。

“私の手を離れ、使う人がずっと長く共にすることを

考えながら作品をつくっています。”

と内山さんはおっしゃってます。

 

 

 

 

2018.06.23(Sat.)〜 07.08(Sun.)

 

はしもとさちえ

1976年 大阪府生まれ

2001年 大阪産業大学大学院環境デザイン専攻修了

2006年 大阪府枚方市にて独立。

 

RITMUS的解説

建築や環境デザインという世界から、

陶芸へと転換されたはしもとさんの作品は、

カラフルな色の器と彫りのある器と耐熱の器の3種類。

カラフルな器は、ご自身で釉薬を調節し、鮮やかな色彩を表現。

こんなきれいな色の器はなかなかないと思われます。

彫りのある器は、シンプルな白とブルーグレー。

手彫りの模様が羽みたいに映えるよう考えられています。

耐熱の器はつかみ易い深さになっているので、

使っていても安心感が持てます。

蓋の重みは適度にあるので、

炊飯の時もしっかりと圧をかけて、美味しいご飯を炊いてくれます。

まさに、ココロオドリます!

exhibition comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>