うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
#037 加藤かずみ × 小原聖子『HARMON』at RITMUS / AIR ROOM PRODUCTS × midi『白いシャツとサルエルパンツ Vol.2』 at RITMUS+10

 

 

2018.03.03(Sat.)〜 03.18(Sun.)

 

加藤かずみ

1994年 多摩美術大学絵画科油画専攻卒業

1996年 多摩美術大学大学院美術研究科修了

2006年 愛知県立窯業高等技術専門校修了

2008年 東京八王子に築窯

 

RITMUS的解説

加藤さんの作られる作品は磁器です。

磁器は、ろくろ作業が難しく焼きあがるまで

もろいので扱いが難しいとされています。

そんな繊細な作業から生まれる加藤さんの作品は

女性作家ならではの優しいフォルムの中に、

アンティーク的な表情を持っていて、

使ってゆくと経年変化が楽しみです。

 

 

小原聖子

1980年 神奈川県生まれ

2004年 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科

金工専攻卒業

金属で“小さなもの”を制作。

 

RITMUS的解説

小原さんの作品は、同じように見えても、どれもよく見ると

その一つ一つに独自の個性があり、

自然とどんなファッションにもなじんでくれるデザインです。

アンティークのような風合いが絶妙で、小さ目のモチーフは、

主張しすぎず、それでいて歪みや、均一でない表面、

完全に作り込んでいない感じなど、

個性的で、時代や国を越えたような不思議な魅力があります。

 

 

03.04(Sun.)

パタゴニアの南喫茶店(齋藤キャメル)さんの

『malco. さんのパンを使ったチョコフレンチトースト日和』

1,000円 25食限定(なくなりしだい終了) 

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.17(Sat.)〜 04.01(Sun.)

 

AIR ROOM PRODUCTS

洗いざらしで着られるココロとカラダに優しい、

上質な素材とシンプルなデザインの日常着としてのシャツ。

 

RITMUS的解説

『AIR ROOM PRODUCTS』は、

好きなモノやコトをカタチにしたように感じます。

シンプル&スタンダードをコンセプトに、

メンズシャツの基本形を大切にしながら

リラックスして着られるデザインをベースにしているため、

毎日着ていくうちに着る人のスタイルに馴染んでくるような、

普通の毎日のためのシャツ!だと思います。

 

 

midi

日常の真ん中(midi)365日楽しく過ごせるよう、

お洋服を引き立ててくれるパンツをコンセプトとしたサルエルパンツ。

 

RITMUS的解説

麻や肌触りのやさしいオーガニックコットンを

使ったサルエルパンツは、

日々こつこつと一点ずつ手作りで仕上げられているため、

数はなかなか作れないとのこと。

そんな丁寧でやさしい方の作るサルエルパンツは、

履くとこちらまで優しくなれます。

 

 

exhibition comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>