うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
#035 厚川文子 × 島田篤『晴天と南天』at RITMUS / Glück und Gute × kolmio nelio POP UP SHOP at RITMUS+10

 

2018.01.20(Sat.)〜 02.04(Sun.)

 

厚川文子

1975年 埼玉県さいたま市生まれ。

1997年 和光大学人文学部芸術学科。

2004年 多治見市陶磁器意匠研究所を卒業。

2005年 現在岐阜県多治見にて制作し、初個展を開催。

現在までに日本各地で個展、グループ展などを開催。

 

RITMUS的解説

初めて厚川さんの作品を拝見した時、

それまで見た事がなかった感覚に襲われました。

石のような、土器のような、類を見ない存在感を

漂わせた作品にびっくりしたのを記憶しています。

モダンなフォルムと土味を活かした焼きが特徴で、

厚川さんの作品からは器はこうあるべきだという

概念から解き放たれた作品づくりをされているようにさえ感じます。

今回はピッチャーや花器、ボウルなどが並びます。

 

 

島田篤

1974年 東京生まれ

1999年 早稲田大学第二文学部 卒業

2000年 鯉江良二工房(岐阜県上矢作町)にて陶芸をはじめる。

2005年 サンドロ ロレンツィーニ氏の工房にて制作。

2010年 岐阜県多治見にて制作。

 

RITMUS的解説

お店をオープンする前、

陶器でうつわ以外のモノを作られている方を

探している時に出会ったのが島田さんの作品達でした。

自由気ままに、島田さんのお気に入りのカタチに

なったとこで完成にされてるような感じがとても楽しいなと思います。

どことなくシュールで、どことなくぬけている

オブジェやブローチの数々が並びます。

 

 

08.06(Sun.)

パタゴニアの南喫茶店(齋藤キャメル)さんの『佐賀牛を使ったビーフシチュー日和』

1,500円(税込・malco.さんのパン付き)

20食限定(なくなりしだい終了)

 

 

 

 

 

 

2018.01.13(Sat.)〜 02.04(Sun.)

 

Glück und Gute

「しあわせ」を意味するGlückと

「やさしさ」を意味するGute。

二つが重なる名前のとおり、

自然が生み出す素材を使って、

身体が元気になるもの、

心が豊かになるものをひとつひとつ

つくっておられます。

肌触りがよいレッグウェア、

自然のおいしさがぎゅっと詰まった菓子など…。

試行錯誤を繰り返し丁寧なモノづくりと

日々の営みを大切に取り組んでまいります。

「自然に手に取り使っている」

そんな身近で飽きのこない存在になれるよう願いを込めて。

 

kolmio nelio

2014年、手編みの指導員の資格を取得後、

某糸メーカーの販売、講師として働きながら

作品の製作をスタート。

作家名のコルミオはフィンランド語で四角、

ネリオは三角という意味。

その名の通り、日常のモチーフを

幾何学的な柄に落とし込んで製作してます。

ニットの柔らかいイメージと

直線的なデザインが特徴です。

exhibition comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>