うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
#033 市岡泰 × 富山孝一『PRESENCE』at RITMUS / 高山活版室 × 山香デザイン室『二室展』at RITMUS+10

 

2017.12.17(Sat.)〜 12.17(Sun.)

 

市岡泰

1995年 宮城教育大学教育学部美術科卒業

1997年 宮城教育大学大学院美術科修了

1999年 (財)金沢卯辰山工芸工房陶芸工房修了

2002年 宮城県に工房を構える

 

RITMUS的解説

お店を始めてすぐ、ワクワクするような楽しい気分にさせてくれる作品を

作っていらっしゃる作家さんを探していた時に出会ったのが市岡さんでした。

生活が楽しくなるような、不思議な感覚になる文様の器を制作されている市岡さん。

一見派手な器のように見えますが、色調は穏やかなマットな風合いで、

いつもの料理時間をウキウキさせてくれるような作品達です。

抽象画のような色彩バランスやラインの組み合わせが絶妙です。

 

 

富山孝一

神奈川県生まれ

プログラマー、ダイビングインストラクター、大工、旅人を経て、木工の道へ。

指物を学ぶが、独学で木の器を作りはじめる。

以後、展示会、クラフトフェアを中心に活動中。

 

RITMUS的解説

富山さんと出会ったのはもう数年前のとあるクラフトフェアでした。

荒武者のような雰囲気を持った姿に思わず見とれてしまったのを覚えています。

まだその時はお店なんかやる予定もなかったのですが、

一目で大好きな木工作家さんになっていました。

木の風合いを生かして道具を作る富山さんの作品達。

手にしっくりとなじみ、優しく、あたたかみがあり、

それでいて程よく荒々しさもあります。

木がまだそのまま生きてることを感じさせてくれるような気がして、

経年変化も楽しみです。

 

 

 

 

2017.12.17(Sat.)〜 12.18(Mon.)

 

大分県より高山活版室の活版印刷によるステーショナリーと、

山香デザイン室がつくる様々な2018年カレンダーなど、

日々の生活に小さなよろこびを感じられるものが並びます。

また、期間中には

二室に所縁のある美味しいパンやお菓子なども

大分からやってきます。

詳しくはHP、SNSをご覧ください。

 

高山活版室

高山活版室は、1910年(明治43年)創業の株式会社高山活版社が

長年行なってきた活版印刷を中心としたステーショナリーブランドです。
「日常に活版を。」をコンセプトに、

普段使いしてもらえるような気負いすぎないものを心がけて、

一つ一つ丁寧に文房具をつくっています。

 

山香デザイン室

佐伯市中村東町出身の小野友寛さんは2012年6月、

杵築市山香町の中心部にある倉庫­を改装し、

グラフィックデザインの仕事を手掛ける「山香デザイン室」を設立。

事務所兼­住居として活動拠点にしている。

 

exhibition comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>