うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
#064 『ふたりの魅せ方 供at RITMUS

 

 

2019.09.07(Sat.)〜09.16(Sun.)

 

有永浩太

1978 大阪府堺市生まれ

1998 フラウエナウ・サマーアカデミー(ドイツ)短期留学

2001 倉敷芸術大学芸術学部工芸学科ガラス工芸コース卒業

四季の里ガラス工房(福島県福島市)スタッフ、

新島ガラスアートセンター(東京都新島村)スタッフを経て、

現在能登島(石川県七尾市)を拠点に活動中。

2017年 能登島に自らの窯を構える

 

RITMUS的解説

有永さんの作品に出会ったのは今から5年前。

ビオワインの美味しさを知り始めてた頃で、

お気に入りのワイングラスが欲しいなと何気に思っていた時に出会ったのが

有永さんのワイングラスでした。

今回はデザートやフルーツにあう作品が並びます。

 

 

miyazono spoon

1984年 三重県生まれ。鹿児島育ち。

2008年 茨城大学教育学部情報文化課程生活デザインコース 卒業

2010年 就職したものの…

ものづくりへの想いがふくらみ、制作再開。

2011年 miyazono spoon を立ち上げる

 

 

RITMUS的解説

 “こんなスプーンがあったらいいな!”を日々かたちにし、

誰もが笑顔で幸せな気持ちになれるスプーンのような気がします。

優しいフォルムと温かみのあるスプーンは、

もちやすく、口触りがとてもやさしいので、

大切な誰かへの贈り物としてもぴったり。

今回は新作のスプーンも並びます。

 

exhibition comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>