うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
#060『寂静礼讃 』at RITMUS

 

2019.05.25(Sat.)〜06.09(Sun.)

 

大山求

東京生まれ

セツ・モードセミナー卒業

フリーランスのイラスレーター、美術制作を経て、

2007年 自然豊かな山口県にて、

鉄に従事するアトリエを構える。

 

RITMUS的解説

周囲の自然の中からインスピレーションを感じ、

鉄に魂を込め、火を加えることにより、

必然と偶然を経て作られた大山さんの鍛造や琺瑯の作品は、

壮大な自然や、うつろいゆくさま、

また人の栄枯盛衰、侘び寂びをも表現しているかのように感じます。

 

 

 

督田昌巳

鹿児島在住の木工家. 

波と音楽をこよなく愛し、

“豊かな物は豊かなこころを実現する為の道具である”

という想いを大切にし、日々制作している。

 

RITMUS的解説

督田さんの作品は、陶器と見間違う程の存在感です。

漆を何度も重ねたり、洗いをかけたり、異素材を混ぜん込んだり、

わざと節を大胆に使ったりと、

どこか不完成を完成としているような、

どこか遠い国から時を経て波に漂い流れ着いたかのような、

揺らぎと儚さがあるように感じます。

exhibition comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>