うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
#047 有永浩太 × 船串篤司『Würdevoll』at RITMUS

 

 

2018.12.08(Sat.)〜 12.02(Tue..)

 

有永浩太

1978年  大阪府堺市生まれ

2001年  倉敷芸術大学芸術学部工芸学科

ガラス工芸コース卒業。

四季の里ガラス工房スタッフ、

新島ガラスアートセンタースタッフ、

金沢卯辰山工芸工房専門員を経て、

現在能登島(石川県七尾市)を拠点に活動中。

2017年、能登島に自らの窯を構える。

 

RITMUS的解説

有永さんの作品に出会ったのは

ビオワインの美味しさを知り始めていた頃で、

お気に入りのワイングラスが欲しいなと何気に

思っていた時に出会ったのが有永さんの

ワイングラスでした。

今回は冬に合う凛としたシリーズが並びます。

 

 

船串篤司

1979年  茨城県水戸市生まれ

2003年  酒井芳樹氏に師事

2008年  茨城県窯業指導所 釉薬飢塀の

2009年  笠間市にて独立。

 

RITMUS的解説

リムの出っ張り以外は真っ平らなアンティークを思わす

船串さんのプレートは、

鉄釉、銀彩、貫入、そのどれもが

1枚のプレートとしてずっしりと腰の座った存在感を持ち、

さらに料理を盛り付けると、

その料理をも凛と引き立たせてくれます。

 

 

12/8(土)

村上麻衣さんの一日喫茶開催と焼き菓子の販売

もりかげ商店さんの焼き菓子販売もございます。

 

 

exhibition comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>