うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
#044 大久保公太郎 × Keicondo『NETSUJYO』at RITMUS / classico ten 05 at RITMUS

 

 

2018.09.01(Sat.)〜 09.17(Mon.)

 

大久保公太郎

1979年 長野県松本市出身

2001年 富山大学を卒業

2006年 京都にて木工の道へ

2011年 上松技術専門校にて家具製作の技術を習得

2012年「大久保ハウス木工舎」立ち上げ

現在、削って仕上げる手法で調理道具を中心とした実用品を製作。

各地での作品展、催事、イベント出店。

 

RITMUS的解説

“はじめに人が居て、それから物が在る

人が使う道具をかたちにし続ける事”

それを生業として日々木を削っていらっしゃる大久保さんは、

老若男女、そして100年後も普通に使える、

普遍的な作品を作り続けていらっしゃいます。

 

Keicondo

1981年  茨城県生まれ。

エチオピア人陶芸家を父に持つ。

2007〜2009年  海外協力隊の陶磁器隊員として

ボリビアで暮らす。

現在 茨城県笠間市で作陶中。

 

RITMUS的解説

アフリカの大地を思わせるような独特のざらざらとした質感と、

個性的な黄色の色合いが特徴のkeiさんは、

生まれも育ちも笠間市ですが、エチオピア人の陶芸家の

お父様と2年間海外青年協力隊としてボリビアで

暮らしていたというお話を聞き、

他では感じれない熱い魅力に惹かれたのを覚えています。

 

 

09.02(Sun.)

アンディーカリーさんの

『夏バテサヨナラカレー日和』

1,000円(25食限定)

 

 

 

 

 

2018.09.22(Sat.)〜 10.08(Sun.)

 

暮らしのことに関わる10人展

ATELIE ESSENCE(香り)from 高知

 

稲葉知子(ガラス)from 東京

 

鈴木敬子(陶器)from 福岡

 

田中友紀(金工)from 岐阜

 

hiki(布モノ)from 神奈川

 

pisteviiva(鞄&小物)from 長崎

 

松本郁美(磁器)from 滋賀

 

mikimichimasa(アクセサリー)from 大阪

 

miyazono spoon(木匙)from 神奈川

 

船山奈月(木工)from 北海道

 

exhibition comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>