うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
RITMUS 2019年 作品展スケジュール

2019年 作品展スケジュール

 

ar RITMUS(1 F)

1月 『残存共鳴』終了

  出展作家

   石原多見子

   沓沢佐知子

   熊谷峻

   督田昌巳

   

 

2月『三島三様』終了

  出展作家

   川口武亮

   額賀円也

   八田亨

   

   月一食堂

   『カレーと三島』at カレーのアキンボ 終了 

 

 

3月 『渋さ知る』終了

  出展作家

   稲吉善光

   竹本ゆき子

   長野大輔

   芳賀龍一

 

  月一食堂

  アンディカリーさんの「春待つ芽吹きのカレー日和」終了

 

 

4月 『旅するLA BLUE feat.JARDIN AROMATIQUE』

 2019.04.06(Sat.)〜04.28(Sun.)

 

 

5月前半 伊藤環 個展 『Taiboー 環極まる』

  2019.05.03(Fri.)〜05.19(Sun.)

 

  展示期間中、つむぎさんのお花や枝モノ販売

  

  月一食堂 

  05.04(Sat.) 広沢京子(COOKLUCK)さんの

                       『伊藤環のプレートで楽しむランチ日和』予約受け付け中

  

     

 

5月後半  大山求×督田昌巳 二人展 寂静礼讃』 

 2019.05.25(Fri.)〜06.09(Sun.)

 

 

6月 佐藤もも子×松本郁美 二人展 磁器と踊る』

 2019.06.15(Fri.)〜06.30(Sun.)

 

 

7月 『Cejanto'19 夏編』

 2019.07.06(Fri.)〜07.21(Sun.)

 出展作家

  R/2

  かっぱまわり

  下本一歩

  玉木かつこ

  広川絵麻

 FOOD

  フルヤジオーガニックス

   DADA NUTS

  まるふく農園

 

 

8月 『異邦とある街の食卓』

 出展作家

  阿部慎太郎

  内山太朗

  広瀬佳子

  田中直純さん

  安福由美子さん

  ヨシノヒトシさん

 

 

9月前半 miyazono spoon×有永浩太 二人展 ふたりの魅せ方

 

 

9月後半 orumina kiln×mushimegane books 二人展

 

 

10月 『classico ten』

 

 

11月 鈴木敬子×林拓児 二人展

 

 

12月 都築明&小倉孝太郎 二人展

 

 

  

——————————————————————————————————————

at RITMUS+10(2F)

1月 『KIMURA` 』POP UP 終了 

  『fàbrica.&6SHiKi POP UP SHOP』終了

 

 

2月 『atelier Roughatour Exhibition 』終了

 

 

3月 ka-ji- 個展『それは やさしく ともる あかり』終了

    

 

4月 『NEW ERA』

 2019.04.06(Sat.)〜04.21(Sun.)

  出展作家

   阿部有希

   池谷三奈美

   齋藤一

 

 

5月 『風、吹くままに vol.2』

 2019.05.11(Sat.)〜04.21(Sun.)

  出展作家

   さざなみ

   田中友紀

   tsukuroite

         wica gorocery

 

 

10月前半 『jijiの部屋』

  出展作家

   jiji

   (feat. BAILER・中本純也)

   

 

10月後半『白在』

  出展作家

   安斎新・厚子

   境知子

   村上雄一

   山本亮平

   

 

12月前半 『Cejanto'19 冬編』

 

 

12月後半『永久にそう(仮)』

  

 

 

 

exhibition comments(0) -
#057 LA BLUE×JARDIN AROMATIQUE『旅するLA BLUE feat.JARDIN AROMATIQUE』at RITMUS

 

2019.04.06(Sat.)〜04.28(Sun.)

 

 

LA BLUE

2015年7月セレクトショップとしてオープン。

オリジナル商品とインポート、

作家さんのアクセサリーなどを中心としたセレクトショップをスタート。

2017年7月旅する『LA BLUE』をスタート。

実店舗クローズし、オリジナル商品を中心に

全国を旅するかたちのポップアップショップを展開、現在に至る。

クラッシックでシンプル、女性らしいシルエット、年齢を

重ねてもずっと着続けれる洋服づくりを目指す。

 

 

JARDIN AROMATIQUE

アロマテラピーを学びはじめ、

フリーのアロマテラピーインストラクターとして

美容専門学校講師や、個人スクールで講師としても活動。

2017年香りと花のコンセプトショップ

『cafuka』を大阪・桜川にオープン。

同年12月より調香の技術とアロマテラピーの知識を融合した

オーダーメイドフレグランスサービス 

『SCENTED REMEDY(香りのレメディー)』をスタート。

その他、香りに纏わるコンサルテーションやプロダクト開発及び販売を行う。

 

 

exhibition comments(0) -
#056 阿部有希 ×池谷三奈美×齋藤一『NEW ERA』at RITMUS

 

2019.04.06(Sat.)〜04.21(Sun.)

 

「NEW ERA」=新時代に始まる展示会です。

 

 

阿部有希

1983年 愛知県生まれ

2006年 筑波大学芸術専門学群建築デザイン専攻卒業

2009年 多治見市陶磁器意匠研究所修了

 

RITMUS的解説

「土が自ら動いてつくり出す、形や質感、模様のおもしろさ」

を大切にし、独自の技法を使って作陶されています。

作品同士がきれいにスタッキングできるのも大きな特徴です。

 

 

池谷三奈美

東京都出身

武蔵野美術大学 ガラスコースを卒業後

都内で制作、活動中

 

RITMUS的解説

電気窯を使ってガラスを成形する

キルンワークという技法で、焼成して

冷めた状態のガラスを削ったりしながら

カタチにされてます。

単色でシンプルですが独特のテクスチャーが特徴です。

 

 

齋藤一

1989年 北海道札幌市生まれ

2014年 金沢美術工芸大学工芸科卒業

現在 愛知県瀬戸市にて制作

 

RITMUS的解説

磁器のベースの上に、

色を付けた土や釉薬を4〜6層薄くスポンジで重ね高温で焼成し、

上絵具を同じようにさらに重ねて再度低温で焼成し、

霞がかった不均一な色と質感を出しています。

再度低温で焼成しています。

こういった工程を重ねることで、

特有の不均一な色と質感を出しています。

霞がかった色彩が特徴です。

 

 

 

 

 

 

exhibition comments(0) -
アンディカリーさんの「春待つ芽吹きのカレー日和」at『渋さ知る』

 

3/17(日)に開催した1日限りの

アンディカリーさんの食堂。

 

お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

 

春野菜がもつ、

甘み、苦味を感じていただいたカレー。

 

こちらは

竹本ゆき子さんの器。

 

和の器も盛り付ける料理で

異国を感じる器になります。

 

盛り方次第で

新しい器との出会いがあります。

 

 

exhibition comments(0) -
ka-ji-さんの照明 at 『それは やさしく ともる あかり』

 

 

照明も

やさしく

ともる

exhibition comments(0) -
ka-ji-さんのキャンドルホルダー at 『それは やさしく ともる あかり』

 

 

 

それは

やさしく

ともる

あかり

 

exhibition comments(0) -
ka-ji-さんのキャンドルホルダー at 『それは やさしく ともる あかり』

 

 

exhibition comments(0) -
#055 稲吉善光 ×竹本ゆき子×長野大輔× 芳賀龍一『渋さ知る』at RITMUS

 

2019.03.16(Sat.)〜03.31(Sun.)

 

稲吉善光(笠間)

1967年 愛知県に生まれる

1997年 笠間窯業指導所終了

1999年 独立

2002年 笠間市福原に築窯

 

RITMUS的解説

土味に富み、素朴な温かみとモダンさを兼ね備えた、

ザラっとしたマットな質感が特徴です。

 

竹本ゆき子(相模原)

1978年 大阪府生まれ

1999年 京都芸術短期大学 造形芸術学科 陶芸コース 卒業

2005年 京都府立陶工高等技術専門校 陶磁器成形科 修了

2006年 神奈川県相模原市にて制作

 

RITMUS的解説

灯油窯で焼成された物静かで艶っとした

薄い萌黄色の作品が特徴です。

 

長野大輔(高知)

1982年 高知市生
2004年 倉敷芸術科学大学芸術学部陶芸コース卒業
2006年 高知市三谷古清水に穴窯築窯
2013年『うつわ畑』open

 

RITMUS的解説

半農半陶の生活スタイルで、 薪窯で焼成されており、

高知の特産の文旦の木灰などを使い深い緑色で

仕上がっているのが特徴です。

 

芳賀龍一(益子)

1984年 福島県生まれ

2008年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業

2010年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了

2013年 栃木県益子町に移住

2015年 2基目に穴窯を築窯

 

 

RITMUS的解説

自分で掘って来た土や拾った石などを材料に使用し、

穴窯で焼成されており、

ただ作りたいモノを独自の感性で作られていらっしゃるのが特徴です。


 

2019.03.17(Sun.)

「春待つ芽吹きのカレー日和」

 

アンディカリーさんによる一日食堂を開催致します。

 

 

料金:一人様/1,000円

 

ご予約不要の

25食限定です。

 

take outもできます。

 

exhibition comments(0) -
#054 ka-ji- × 『それは やさしく ともる あかり』at RITMUS

 

2019.03.02(Sat.)〜03.31(Sun.

 

 

ka-ji-

島根出身、大阪在住の鍛冶屋

ライブ会場の装飾、真鍮アクセサリー、照明器具、

店舗の什器制作など活動は多岐に渡る。

近年、空き缶を利用して、

キャンドルボルダーやアクセサリーを制作。

 

RITMUS的解説

カージーの名前を聞いたのは、

もうかれこれ13年前の高知での旅でした。

それから何かの度にwater water camel関係のイベント等で

彼の作品を拝見する機会があり、

2017年、やっと念願の展示をお願いできました。

遊び心溢れるカージーの作品は、

カージーのお人柄そのままに、

眺めているだけでほっこり温かい気持ちにさせてくれます。

今回は、弊店の空間をカージーの照明で、

やさしくともるあかりの空間を創って頂きます。

 

 

exhibition comments(0) -
額賀円也 ×『三島三様』at RITMUS

 

焼き菓子はシンプル。

三島の華やかな器に盛りつけると

途端にキリッと締まります。

 

三島七寸皿

 6,480yen

 

 

exhibition comments(0) -
| 1/7 | >>