うつわと洋服と音楽と美味しいモノと佐賀の情景と...etc
督田昌巳 ×『残存共鳴』 at RITMUS

 

 

 

HPFBにて詳しくご紹介しております。

exhibition comments(0) -
熊谷峻×『残存共鳴』 at RITMUS

 

 

 

HPFBで詳しくご紹介しております。

exhibition comments(0) -
沓沢佐知子×『残存共鳴』at RITMUS

 

 

 

HPFBでも作品のご紹介をしております。

exhibition comments(0) -
石原多見子×『残存共鳴』at RITMUS

 

 

 

 

 

作品はHPFBでも詳しくご紹介しております。

 

exhibition comments(0) -
#053 川口武亮 × 額賀円也 × 八田亨『三島三様』at RITMUS

 

 

2019.02.16(Sat.)〜03.03(Sun.

 

川口武亮

1974年  佐賀県有田町生まれ

2000年  有田窯業大学校 ロクロ科 絵付科卒業

2001年  番浦史郎氏に師事

2002年  花岡隆氏に師事

2005年  有田にて独立

 

RITMUS的解説

川口さんの三島は、

生乾きの素地に模様を付け、

凹に白泥釉をかけて拭き取り、

文様を浮き出させる手法で作陶されてます。

彫模様や印花文部分は

刷毛で施されたマットな粉引きが刷れて

緑青がかっていてモダンな雰囲気と柔らかさを感じます。

 

 

額賀円也

1983年  東京生まれ

2004年  愛知県立窯業高等技術専門校終了

その後  製陶所勤務を経て、岐阜県土岐市にて独立

 

RITMUS的解説

額賀さんの三島は、

原土(採集したままの土)を使って

くぼみに化粧土を施す、

象嵌という手法で作陶されています。
黒に白化粧の濃淡がかかり、

繰り返し押された印の文様が美しく、

どこかオリエンタルな雰囲気を醸し出しています。

 

 

八田亨

1977年  石川県金沢市生まれ

2000年  大阪産業大学工学部環境デザイン学科卒業

2003年  大阪府堺市で独立

2004年  穴窯築窯

 

RITMUS的解説

八田さんの三島は、

穴窯とガス窯を使い分け作陶されてます。

土色と昔の意匠を取り入れた

白い文様の線彫りが美しく、

プリミティブな雰囲気と

男気溢れる力強い存在感を放ち、

ふと見ると古物のようにも感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

02.17(Sun.)

 

『カレーと三島』

当店川向かいにある、

カレーのアキンボさんにて
『カレーと三島』と題し、

カレーのアキンボの川岸さんが、3人の三島に合わせ、
3種のカレー&他諸々をビュッフェ形式で頂く、
会を開催いたします。

完全予約制となりますので、
ご興味あられます方は、ご予約頂ければ幸いです。

→1/24(木) 定員に達しました。

 ご予約ありがとうございました。

 

ご予約いただきましたお客様は

当店RITMUSに18時30分までにお集まりいただきます。

お食事は19時よりスタート予定です。

 

尚、展示会をご覧になられたいご予約いただきましたお客様は、

当店の営業時間が「11時〜18時」までとなりますので、ご注意下さい。

 

料金:一人様/2500円(珈琲付き)

アルコール類は別途、キャッシュオンとなります。

 

ご予約:カレーのアキンボFBページ
の「メッセージを送る」ボタンから

 

【 お  名  前 】 

【 メールアドレス 】

【 電 話 番 号 】

【 人     数 】 名 (例:大人2名など)

 

明記の上、ご予約お願い致します。

 

メッセージ送信でお申込み後、

カレーのアキンボさんからの返信をもちまして、

予約完了とさせていただきます。

 

 

exhibition comments(0) -
#052 atelier Roughatour Exhibition at RITMUS+10

 

 

2019.02.15(Fri.)〜 02.24(Sun.)

 

atelier Roughatour 

シンプルな麻の日常着を制作。

中にはfarmで働く農婦、農夫をイメージした

丈夫で動きやすいものも。

洗濯機でジャブジャブ洗って、

また当たり前のように着る

そんな作業着のような服でありたい。

 

RITMUS的解説

「洗濯機でジャブジャブ洗って、

また当たり前のように着る

そんな作業着のような服でありたい」

とデザイナーのホソノさんの手から

一つ一つ手作業で日々作られている

年中着ていただける麻の日常着は

昔のフランスの作業着のような

アンティークの雰囲気を持ち、

柔らかさと、着るやすさを兼ね備えています。

「実際に触れて頂き、

麻の服の魅力をたくさんの方に感じていただけたらと思います」

とホソノさんはおっしゃっています。

exhibition comments(0) -
#051 fàbrica.&6SHiKi POP UP SHOP at RITMUS+10

 

 

2019.01.26(Sat.)〜 02.11(Mon.)

 

fàbrica.

現在生産されていない貴重な「シャトル織機」で、代々職人の手で撚糸

から製織まで一貫生産している地場産業『倉敷帆布』。fàbrica.では、

その中でも特に生産が難しいといわれる特級の先染めの9号帆布を、

撥水加工を施し、洗いをかけ独特のシワ感を出し使用。そのいくつもの

行程を重ねた別注生地と、環境に良いとされる植物性タンニンなめしの

ヌメ革を、熟練の職人が丁寧に縫い合わせている。帆布と革それぞれの

独特の深い焼け感などの風合いがしだいにでてくるのが楽しめます。

 

6SHiKi

岡山県倉敷市にある株式会社バイストンは、自社工場にて一貫生産し、

国内帆布のJIS企画がなくなった今でも規格に沿って作っているので、外国

産帆布では決して表現できない厚みと深い風合いが味わえ、通気性もよく、

使い込むほどに温かみのある味が出てくるのも外国産帆布とは違う大きな特徴です。

そのバイストンが展開する、6SHiKiは古来からの伝統的な技や表現方法など、

日本人のモノ作りにもう1度スポットをあて、

より新しいスタイルで発信することを目的とした JAPAN madeの鞄ブランドです。

exhibition comments(0) -
#050 KIMURA` POP UP SHOP at RITMUS

 

 

2019.01.05(Sat.)〜 01.27(Sun.)

 

KIMURA` 

 

靴下ブランド、KIMURA`の靴下達が並びます。

履き心地にこだわった優しい靴下で、

どんな靴にも合わせやすいシンプルさがあります。

上質な糸を使用したその靴下は、

サラッとした肌触りがとても良く、

洗濯を繰り返すうちに、味わいが出てきます。

exhibition comments(0) -
#049 『残存共鳴』at RITMUS+10

 

 

2019.01.05(Sat.) - 01.27(Sun.)

 

弊店の川むかいに

パワースポットとされています、

肥前国一宮で、建立1452年を迎える

與止日女神社という神社がございます。

 

その境内に樹齢1400年の大楠が存在します。

この大楠は、

“日本武尊巡り幸し時樟の茂り栄えたるを覧まして

勅りたまえし、「此の国は栄の国と謂ふべし」

とのりたまひき、因りて栄えの郡といひき。

後に改めて佐嘉と号く。”

と新風土記でも詠まれています。

 

今からおよそ370年前明国の僧如定はこの大クスをみて

「珍しい大木である。大唐四百余州広しといえども

恐らくかかる大木は見られまい」

と驚嘆したそうです。

大楠の大きさは、高さ30メートル余

幹の周りは、27メートル、弓の弦を十五筋繋いでも

なお足りなかったといわれるほどの大木で、

昔から御神木として、人々はこの木を拝んでいたそうです。

1813年落雷により火災、今のカタチとして、残存しています。

私はことあるごとにこの大楠に行き、想いを馳せます。

 

 

 

残存共鳴

朽ちたもの

欠けたもの

風化したもの

流れ着いたもの

そんな、欠片達に

なぜか心が共鳴します。

それらの欠片達は、

たとえ役目を終えた

存在であっても、

今も、これからも、

長い年月を越えても、

生き続けているような気がします。

これから月日を経ても

そうなりうるだろう作品達の展示です。

 

 

石原多見子

1973年  埼玉県生まれ
1994年  武蔵野美術大学短期学部工芸科金工専攻卒
1996年  武蔵野美術大学彫刻科卒
1998年  福岡県宮若市にて陶の仕事を始める

 

目に映る小さなサインをヒントに、コツコツと手を動かしていく。

それがいつか 自分の目や手の届かない 大きなものの欠片になっている気がして、

繰り返しまた作っているという石原さんの作品は、心の隙間にそっと入ってきて

自然物が役目を終えた痕跡の美しさと、思わずちょっとしんみり笑いたくなるような

造形美を持っているような気がします。

 

 

沓沢佐知子

1976年  三重県生まれ
2001年  京都教育大学 大学院 美術学科彫刻科専攻 修了

2011年  三重にて『朔』オープン

 

三重の里山にて、すぐ横を流れる川の水の音や

裏山に棲むいきものの気配を感じながら物作りをされてる沓沢さんの作品は

水”と”生命”をテーマされており、水辺に集う動物達、水に存在する貝や岩の欠片達、

湧き水の青の美しさ、その全てにモノが生を受けてから死ぬ迄の流れ、

そしてその後に残る記憶の存在を感じます。

 

 

熊谷峻

1983年  秋田県生まれ
2007年  秋田公立美術工芸短期大学専攻科 修了
2008年  秋田公立美術工芸短期大学研究生 修了
2009年  秋田公立美術工芸短期大学 教務補助勤務(〜2011)

2012年  富山ガラス工房 所属(〜2016)
現在、秋田にて制作

 

熊谷さんの鋳造ガラスには時を経て長い長いを旅してきたような

時間の移ろいを感じる存在感があります。

表面に土をつけてガラスを鋳込んでおり、ガラスが土をまとうことにより、
叙情的なはかなさを感じる一方、光を受けると神々しく輝きを放ちます。
存在の光と陰を映し出しているような気がします。
shikafuco

京都精華大学美術学部陶芸専攻卒業

ひとつずつ、手で形成し焼成した陶器のパーツでアクセサリーを制作しております。 

微生物や石、植物などをイメージしており、細かいひだの動きや、

にじみ出す色合いに「生命」を感じていただけましたら幸いです。

 

草木に入り海辺に座り何かを思い出すなんとも心地よくて
目を閉じるような感覚を言葉にするのは難しい
受け継がれた根源の記憶なのか今生の記憶なのか
あいまいな混ざりを骨に肉に肌にまとい限られた今を歌うように生きる、
焼けた土の表情はいずれ枯れかすかなエネルギーを纏う石となる。

shikafucoさんの土の装身具とオブジェは、身体に流れる根源からの

感覚を感じとれるような気がし、どこか呪術的で

目に見える見えないが関係ない確かな存在感を感じます。

 

 

督田昌巳

鹿児島在住の木工家

 

波と音楽をこよなく愛する督田さんの作品は、

陶器と見間違う程の存在感です。

漆を何度も重ねたり、洗いをかけたり、異素材を混ぜん込んだり、

わざと節を大胆に使ったりと、どこか不完成を完成としているような

どこか遠い国から時を経て流れ着いたような、

揺らぎと儚さがあるように感じます。

 

exhibition comments(0) -
#048 safuji『そして 時は刻みだす』at RITMUS+10

 

 

2018.12.15(Sat.) - 12.24(Mon.)

 

safuji

2010年より、革職人・沢藤勉と加奈子の夫婦で

 東京の郊外・三鷹に住居兼工房を構え 

2人の子どもを育てる暮らしのなかで

自分たちが本当にいいと思うものを丁寧に作り、提案する。

2014年秋、JR中央線の東小金井駅の高架下に

地元で出会った5組の作り手で工房を併設した「atelier tempo」をはじめる。

 

RITMUS的解説

時間とともに表情を変えていく、safujiの革製品には大きな特徴が2つあります。

1つはこまやかな調整のできる手縫いで、

縫い目が表に出ない仕立てになっているため、

一点一点がやわらかな手仕事の印象を受けます。

もう1つ特徴はコンパクトさと優れた機能性です。

できるだけサイズを小さくし、

手にも、ポケットにもおさまりの良いミニマム感を目指し、

その中で最大限の機能性を追求されています。

沢藤さんはおっしゃっています。

「持つ人とともに、うつり、変わり、育っていく。 きっと、もっと素敵に」と。

 

当店2階、RITMUS +10で開催致します。

 

exhibition comments(0) -
| 1/6 | >>