うつわと洋服と音楽と佐賀の情景と...etc
#024 五月女寛 × 安藤由紀『これまでと、そしてこれからと。』

 

 

2017.04.29(Sat.)〜05.14(Sun.)

 

五月女寛

1969年 千葉県生まれ

2005年 東京都豊島区雑司が谷の自宅兼工房にて製作開始。

以後、個展・クラフトフェア等を中心に作品を発表。現在に至る。

家のオブジェの次は、筒シリーズ、そして花器シリーズと、

常に精力的に創作中。

 

RITMUS的解説

カラフルな小さな家のオブジェ作品が代表的な五月女さん。

オブジェ以外の作品に初めて出会ったのは経堂の芝生さんでした。

芝生さんがカフェスペースのうつわとして使っていたのを拝見して、

五月女さんの作品と知り、こんな作品も作っていらっしゃったのかとびっくりしました。

地層のような、細かいひび割れのような、貫入がとても美しいです。

 

 

安藤由紀

武蔵野美術大学短期大学部木工専攻卒業

東京青山「ウッドユウライクカンパニー」にて、家具の販売を経験した後、

長野の上松技術専門校で、工芸を学ぶ。

徳島に移住し、「テーブル工房kiki」に5年勤務後、2009年に独立。

主に、生活道具を中心に製作。

 

RITMUS的解説

シンプルだけど、なんだかホッとするような、

なんだかそっと触りたくなるような、身近な作品を作る安藤さん。

彫り目の美しさに女性らしい優しいラインを加えた作品が特徴だと思います。

近年は、徳島の藍を使った作品にも精力的に挑んでいます。

普段はいつも笑顔の、温和な安藤さん、

木を彫ってる姿は凛として美しいんだろなと密かに思っています。

 

 

 

期間中、

つむぎさん

のお花の一部やブーケも一緒に展示販売させて頂きます。

 

 

05.07(Sun.)

パタゴニアの南喫茶店(齋藤キャメル)さんの『新緑日和

1,300円(税抜)・・・東京の下高井戸のulalakaさんのベーグル付き。

30食限定(なくなりしだい終了)

 

 

FB →

exhibition comments(0) -
#023 坂井千尋 『zoo zoo zoo』 at tibico!

 

 

2017.04.15(Sat.)〜04.23(Sun.)

 

坂井千尋

1974年 横浜に生まれる

1998年 女子美術大学工芸科 陶コース 卒

1998〜2003年 都内陶芸教室勤務

2004〜2008年 女子美術大学工芸学科 専任助手

2008〜2010年 制作活動及び同大学非常勤講師

現在 東京都日野市にて制作

 

tibico!的解説

坂井さんのシンプルで肉厚な作品の上にモノクロで描かれた動物達は、

甘くかわいらしいのではなく、木版画や切り絵のようなリアルでありながら図案化され、

1つ1つがユニーク表情を持っているように感じます。

食卓が明るくなり、会話も弾み、まるで動物図鑑を見ているような気持ちになります。

 

exhibition comments(0) -
#022 AIR ROOM PRODUCTS × midi『白いシャツとサルエルパンツ』feat. U'U'

 

 

2017.04.08(Sat.)〜04.23(Sun.)

 

AIR ROOM PRODUCTS

洗いざらしで着られるココロとカラダに優しい、

上質な素材とシンプルなデザインの日常着としてのシャツ。

 

RITMUS的解説

『AIR ROOM PRODUCTS』は、好きなモノやコトをカタチにしたように感じます。

シンプル&スタンダードをコンセプトに、

メンズシャツの基本形を大切にしながら

リラックスして着られるデザインをベースにしているため、

毎日着ていくうちに着る人のスタイルに馴染んでくるような、

普通の毎日のためのシャツ!だと思います。

 

 

midi

日常の真ん中(midi)365日楽しく過ごせるよう、

お洋服を引き立ててくれるパンツをコンセプトとしたサルエルパンツ。

 

RITMUS的解説

西日本でサルエルパンツだけを作っておられる作家さんを探していた時に

出会ったのが、『midi』さんでした。

麻や肌触りのやさしいオーガニックコットンを使ったサルエルパンツは、

日々こつこつと一点ずつ手作りで仕上げられているため、数はなかなか作れないとのこと。

そんな丁寧でやさしい方の作るサルエルパンツは、履くとこちらまで優しくなれます。

 

 

 

同時開催

U'U'の小さな展示会

 

“手の中から生まれる結晶”

Si  Al  Ca  Fe  Co …

陶磁器はその組成において鉱物や宝石ととても近いもの

膨大な時を重ねて形成されていく鉱物たちのような

小さなものが整然とつながっていく構築感

時間や意識が凝縮され結晶化していくイメージ

手の中から生み出される唯一無二の結晶たち

そんな濃密な時間を感じられる

ふとした時に触れたくなるような、

見つめたくなるようなジュエリーを作っています。

 

 

※期間中はmarutoさんの焼き菓子と一日舎さんのジャムも

販売しております。

exhibition comments(0) -
2017 04月 open day

01日(土)11:30 〜 18:00

 

02日(日)11:30 〜 18:00

 

03日(月)11:30 〜 18:00

 

04日(火)11:30 〜 18:00

 

06日(木)11:30 〜 18:00

 

07日(金)11:30 〜 17:00

 

08日(土)11:30 〜 18:00

 

09日(日)11:30 〜 18:00

 

10日(月)11:30 〜 18:00

 

11日(火)11:30 〜 18:00

 

13日(木)11:30 〜 18:00

 

14日(金)11:30 〜 17:00

 

15日(土)11:30 〜 18:00

 

16日(日)11:30 〜 18:00

 

17日(月)11:30 〜 18:00

 

18日(火)11:30 〜 18:00

 

20日(木)11:30 〜 18:00

 

21日(金)11:30 〜 18:00

 

22日(土)11:30 〜 18:00

 

23日(日)11:30 〜 18:00

 

24日(月)11:30 〜 18:00

 

25日(火)11:30 〜 18:00

 

29日(土・祝)11:30 〜 18:00

 

30日(日)11:30 〜 18:00

open day comments(0) -
#021 中里花子『monorhythm episode2 あたらしいカタチ』

 

2017.01.28(Sat.)〜02.05(Sun.)

 

中里花子

佐賀県唐津に育ち16歳で単身渡米、以後半生をアメリカで過ごす。

日本独特の食文化に目覚め大学卒業後帰郷し、

父、中里隆より陶芸を学び、以後日本、アメリカで数々の個展を開催。

2007年に故郷唐津に花子さんご自身の工房『monohanako』を設立。

2010年にはメイン州に『monohanakowest』を設立。

現在、唐津とアメリカを半分ずつ行き来して作陶している。

以来、工房の名前である、焼き物の「物」と英語で「たったひとつの」という意味を持つ

「mono」をかけた、独自の『花子モノ』を築きあげている。

 

RITMUS的解説

RITMUSでの1回目の展示会を『monorhythm』という展示名で

花子さんに飾って頂いてから、1年と4ヶ月。

前回は花子さんがこれまでに作られた多くのシリーズを展示させて頂きました。

そして、『monorhythm episode 2  あたらしいカタチ』と名づけた今回は、

その名の通り、花子さんのあたらしいカタチが並びます。

チャクラシリーズやハニカムシリーズなど、

新作を含め300点程が今回もRITMUSの空間を飾ります。

日々、自由な遊び心を持って作陶される中里花子さんの

渾身の新作を楽しんで頂ければ幸いです。

 

 

2017.03.25(Sat.)

foodremediesさんの焼き菓子の販売

 

2017.04.02(Sun.)

唐津 御菓子所 草生庵 原和志さんの

『花子さんのあたらしいカタチに花咲く和菓子』

11:30より販売(40個限定/なくなりしだい終了)

 

exhibition comments(0) -
2017 03月 open day

02日(木)11:30 〜 18:00

 

03日(金)11:30 〜 18:00

 

04日(土)11:30 〜 18:00

 

05日(日)11:30 〜 18:00

 

06日(月)11:30 〜 18:00

 

07日(火)11:30 〜 18:00

 

09日(木)11:30 〜 18:00

 

10日(金)11:30 〜 18:00

 

11日(土)11:30 〜 18:00

 

12日(日)11:30 〜 18:00

 

13日(月)11:30 〜 18:00

 

14日(火)11:30 〜 18:00

 

18日(土)11:30 〜 18:00

 

19日(日)11:30 〜 18:00

 

20日(月/祝)11:30 〜 18:00

 

21日(火)11:30 〜 18:00

 

25日(土)11:30 〜 18:00

 

26日(日)11:30 〜 18:00

 

27日(月)11:30 〜 18:00

 

28日(火)11:30 〜 18:00

 

30日(木)11:30 〜 18:00

 

31日(金)11:30 〜 18:00

open day comments(0) -
#020 長野大輔・safuji・中村なづき『冬、突然届いた心温まる品々』

 

2017.02.25(Sat.)〜03.14(Tue.)

 

長野大輔(陶器)

1982年高知市生
2004年倉敷芸術科学大学芸術学部陶芸コース卒業
2006年高知市三谷古清水に穴窯築窯
2013年『うつわ畑』open

 

RITMUS的解説

長野さんの作品に出会ったのは去年の高知でのイベント。

若いのに、薪窯の渋い作品を作られるなと感じたのが記憶に残っていました。

自分達の食べるお米やお野菜も作っていらっしゃる長野さんの作品は、

まるで収穫した野菜のような大地の香りを感じることのできる

私達の生活にそっと寄り添ってくれるような器です。

 

 

 

safuji(革財布)

2010年より、革職人・沢藤勉と加奈子の夫婦で

東京の郊外・三鷹に住居兼工房を構え

2人の子どもを育てる暮らしのなかで

自分たちが本当にいいと思うものを丁寧に作り、提案する。

2014年秋、JR中央線の東小金井駅の高架下に

地元で出会った5組の作り手で工房を併設した

atelier tempo」をはじめる。

 

RITMUS的解説

時間とともに表情を変えていく、

safujiの革製品には大きな特徴が2つあります。

1つはこまやかな調整のできる手縫いで、

縫い目が表に出ない仕立てになっているため、

一点一点がやわらかな手仕事の印象を受けます。

もう1つ特徴はコンパクトさと優れた機能性です。

できるだけサイズを小さくし、手にも、ポケットにも

おさまりの良いミニマム感を目指し、

その中で最大限の機能性を追求されています。

沢藤さんはおっしゃっています。

「持つ人とともに、うつり、変わり、育っていく。

きっと、もっと素敵に」と。

そんな沢藤さんはこちらが打てば

2倍の返しをしてくれるハッピー感に溢れた方です。

 

 

 

中村なづき(アクセサリー)

東京都出身。文化服装学院在学中に、アクセサリー作りを始める。

卒業後、アパレル会社に勤務。

退職後、ヒコみづのジュエリーカレッジにて鋳金を学ぶ。

2009年に”Nakamura Nazuki”で本格的に活動開始。

植物など自然のものから感じる儚さや淡さ、

成長過程の美しさに魅力を感じ、

それらをモチーフとした作品を金属や鉱物を用いて表現。

2011年A/Wコレクションより「ASEEDONCLOUD」の小物制作を担当。

その他、日本各地で展示会多数。

 

RITMUS的解説

草花などの自然を美しいフォルムをモチーフにした

中村さんのアクセサリーは、優しい雰囲気を持ちつつ、

凛とした香りも漂います。

甘すぎず存在感がありながらどんなお洋服にもしっくりと馴染むと思います。

中村さんとは偶然ばったり東京の道ばたで2回も会いました。

そんなことに何かしらご縁を感じました。

植物のもつ生命力と美しさを合わせもった作品です。

 

 

 

02.26(Sun.)

パタゴニアの南喫茶店(齋藤キャメル)さんによる出張喫茶

11時半より販売いたします。

テイクアウトもお受けいたします。

 

 

FB →

exhibition comments(0) -
2017 02月 open day

02日(木)11:30 〜 18:00

 

03日(金)11:30 〜 18:00

 

04日(土)11:30 〜 18:00

 

05日(日)11:30 〜 18:00

 

06日(月)11:30 〜 18:00

 

07日(火)11:30 〜 18:00

 

09日(木)11:30 〜 18:00

 

10日(金)11:30 〜 18:00

 

11日(土)11:30 〜 18:00

 

12日(日)11:30 〜 18:00

 

13日(月)11:30 〜 18:00

 

14日(火)11:30 〜 18:00

 

18日(土)13:30 〜 18:00

 

19日(日)11:30 〜 18:00

 

20日(月)11:30 〜 18:00

 

21日(火)11:30 〜 18:00

 

25日(土)11:30 〜 18:00

 

26日(日)11:30 〜 18:00

 

27日(月)11:30 〜 18:00

 

28日(火)11:30 〜 18:00

 

 

open day comments(0) -
#019 大澤哲哉『The Abstract』

 

 

2017.01.28(Sat.)〜02.05(Sun.)

 

大澤哲哉

1984年 岐阜県多治見市生まれ

2008年 名古屋芸術大学陶芸コース卒業後、

吉川正道氏に師事

現在、愛知県常滑市にて活動中

 

RITMUS的解説

若手の陶芸家さんで、かつ花器などの大物も作られている作家さんはいないかなと探していた時に、

たまたま拝見したのが、大澤さんの花器でした。

素焼きの器に赤土を塗り、さらに白土を重ねてから焼成し、

ヤスリをかけてエージング感を出している作品は、

そこにあるだけで周りの風景を絵画のように変えてしまうような存在感を放っていると思います。

そんな大澤さんが大好きな画家、モランディの言葉に

「見えてるものを懸命に見よ」という言葉があります。

何重にも手をかけて出された作品からは、

大澤さんの、感覚、認識、情動、記憶の行為とプロセスを垣間見ることができるような気がします。

 

期間中、

つむぎさん

のお花や枝モノも一緒に展示販売させて頂きます。

 

 

01.28(Sat.)

村上麻衣(村上レシピ)さんによる出張喫茶

麻衣さんの珈琲とお菓子を11時半より販売いたします。

テイクアウトもお受けいたします。

 

 

FB →

 

 

exhibition comments(0) -
2017 01月 open day

03日(火)11:30 〜 18:00

 

04日(水)11:30 〜 18:00

 

07日(土)11:30 〜 18:00

 

08日(日)11:30 〜 18:00

 

09日(月/祝)11:30 〜 18:00

 

10日(火)11:30 〜 18:00

 

11日(水)12:30 〜 18:00

 

13日(金)11:30 〜 18:00

 

14日(土)11:30 〜 18:00

 

15日(日)11:30 〜 18:00

 

16日(月)11:30 〜 18:00

 

17日(火)11:30 〜 18:00

 

19日(木)11:30 〜 18:00

 

20日(金)11:30 〜 18:00

 

21日(土)11:30 〜 18:00

 

22日(日)11:30 〜 18:00

 

23日(月)11:30 〜 18:00

 

24日(火)11:30 〜 18:00

 

28日(土)11:30 〜 18:00

 

29日(日)11:30 〜 18:00

 

30日(月)11:30 〜 18:00

 

31日(火)11:30 〜 18:00

open day comments(0) -
| 1/4 | >>