うつわと洋服と音楽と佐賀の情景と...etc
#031 村上雄一 × 有永浩太『Autumn Blue』

 

2017.10.14(Sat.)〜 10.29(Sun.)

 

村上雄一

1982年 東京生まれ

2001年〜 沖縄県読谷村の山田真萬工房にて5年勤務

2009年 岐阜多治見市意匠研究所卒業。

2011年 岐阜県土岐市に工房を構える

現在、陶器、磁器、半磁器といったさまざまな素材をもとに、

多彩なうつわを作陶中。

 

RITMUS的解説

見た目の色彩とカタチのバランスが美しい湖水色のプレート、

清楚で凛とした白磁などが特徴の村上さんの作品は、

機能的で料理を引き立ててくれ、盛りつけた際の使い心地も抜群です。

奥様の意見を大事にされており、村上家の食卓の風景が

作品の中にきちんと活かされていると思います。

 

 

有永浩太

1978年 大阪府堺市生まれ

2001年 倉敷芸術大学芸術学部工芸学科ガラス工芸コース卒業。

四季の里ガラス工房スタッフ、新島ガラスアートセンタースタッフ、

金沢卯辰山工芸工房専門員を経て、現在能登島(石川県七尾市)を拠点に活動中。

2017年、能登島に自らの窯を構える。

 

RITMUS的解説

有永さんの作品に出会ったのは今からかれこれ数年前。

ビオワインの美味しさを知り始めていた頃で、

お気に入りのワイングラスが欲しいなと何気に思っていた時に

出会ったのが有永さんのワイングラスでした。

今回はブルーをはじめ色ガラスも多数ございます。

今年、能登島に自分の窯を持たれた有永さんの新たな挑戦です。

exhibition comments(0) -
2017 10月 open day

01日(日)11:30 〜 18:00

 

03日(火)11:30 〜 18:00

 

05日(木)11:30 〜 18:00

 

06日(金)11:30 〜 18:00

 

07日(土)11:30 〜 18:00

 

08日(日)11:30 〜 18:00

 

09日(月)11:30 〜 18:00

 

10日(火)11:30 〜 18:00

 

11日(水)11:30 〜 18:00

 

12日(木)11:30 〜 18:00

 

14日(土)11:30 〜 18:00

 

15日(日)11:30 〜 18:00

 

16日(月)11:30 〜 18:00

 

17日(火)11:30 〜 18:00

 

19日(木)11:30 〜 18:00

 

20日(金)11:30 〜 18:00

 

21日(土)11:30 〜 18:00

 

22日(日)11:30 〜 18:00

 

23日(月/祝)11:30 〜 18:00

 

24日(火)11:30 〜 18:00

 

26日(木)11:30 〜 18:00

 

27日(金)11:30 〜 18:00

 

28日(土)11:30 〜 18:00

 

29日(日)11:30 〜 18:00

 

30日(月)11:30 〜 18:00

 

31日(火)11:30 〜 18:00

open day comments(0) -
額賀円也さんの粉引梅豆皿

 

額賀円也さんの粉引梅豆皿

 

梅の花を模い、愛らしさもありますが、

できるだけ精製していない原土をつかい焼成され、

味わい深く、焼いたと時に現れる鉄分や貫入が作品の美しさをより引き出し、

 土の持つ自然が生み出す凛とした美しさを感じます。

 

豆皿は

薬味、醤油、ソースなどの食卓の名作役。

そして、

時にはお茶菓子を乗せたり。。。

 

どんな器ともしっくり馴染み、

食卓を楽しませてくれます。

 

お菓子は、

もりかげ商店さんです。

もりかげ商店さんの焼き菓子は不定期にRITMUSに届きます。

厳選された素材にまっすぐに向き合い、

しみじみ美味しい焼き菓子を作っておられます。

毎回届くお菓子がとても楽しみです。

 

 

商品詳細はこちらへ

額賀円也 comments(0) -
亀田大介さんの鉄釉黒平皿

 

亀田大介さんの鉄釉黒平皿

 

光の加減で黒にも見え、茶色ものぞかせる

なんとも艶っぽく気品を感じ、そして優しさも感じます。

 

光沢のあるうつわは、光を受け止めるので、

食材も色の色をしっかり受け止めてくれます。

 

シンプルに果物だけでも上品な一皿になります。

 

平な皿ですが、縁があるので

汁気のあるものでも盛り付けやすく、

お皿全体を使って盛り付けたり、あえて余白を多めにして

盛り付けたりと楽しめます。

 

 

商品詳細はこちらへ

 

亀田大介 comments(0) -
#030 広川絵麻 × 下本一歩『こじゃんとなふたり』& foodizm特別編『拝啓、太陽降り注ぐ高知からの便り』

 

2017.09.16(Sat.)〜 10.01(Sun.)

 

広川絵麻

高知県生まれ。

沖縄県立芸術大学陶芸コース卒業、

岐阜多治見市意匠研究所卒業。

香北町に移住後、小野哲平氏に師事。

現在、高知県香北町にて作陶。

 

RITMUS的解説

広川さんの作品からは、沖縄の血なのか、

師匠である小野哲平氏の教えなのか、高知という風土がそうさせているのか・・・

スケールの大きさ、おおらかなダイナミックさと表情豊かな作風は

まるで彼女の持つ生きる力強さのようなものを持ち合わせています。

シンプルで決して過美ではないのですが、

作品の一つ一つがきちんと表情を持っているように感じます。

 

 

下本一歩

1978年 高知県南国市生まれ。

2001年 旧鏡村に炭窯を作り、炭焼きを始める。

2005年 炭窯のそばへ移住し、竹工芸を始め、現在に至る。

「買って頂いた方の生活に自然に入って行けるような物を作れたら」

という想いで、日々、竹とむかいあい制作を続けている。

 

RITMUS的解説

元々は炭職人の下本さんは炭焼きの合間に

竹でスプーンやお箸を作って知人にあげていたことが始まりだとか。

下本さんの作る竹細工は素朴で使いやすいものが多く、

全ての作品は燻されており、燻すことで抗菌され耐久性も増し、独特の色合になります。

炭焼きの香りが心地よく、温かみを感じ、彼の人柄そのものが表れています。

 

 

 

期間中同時開催

foodizm特別編『拝啓、太陽降り注ぐ高知からの便り』

高知からステキな品々が届きます。

・IKU FARM PICKLE・・・ピクルス

・かっぱまわり・・・キッチン用品

・はなればなれ珈琲・・・珈琲豆

・フルヤジオーガニックス・・・ラー油

・まるふく農園・・・焼き菓子&ハーブティー

 

9月23日(SAT.)

歩屋terzo tempoによる『高知日和』
歩屋さんの高知の食材を使ったアジアンランチと
terzo tempoさんのかき氷がいただけます。

・アジアのおかずのでランチ・・・1,200円
・アジアのおかずのせ弁当・・・900円 → 弊店より車で30分圏内デリバリーいたします
・かき氷・・・600円〜​

 

 

FB →

exhibition comments(0) -
2017 09月 open day

01日(金)11:30 〜 18:00

 

02日(土)11:30 〜 18:00

 

03日(日)11:30 〜 18:00

 

04日(月)11:30 〜 18:00

 

05日(火)11:30 〜 18:00

 

09日(土)11:30 〜 18:00

 

10日(日)11:30 〜 18:00

 

11日(月)11:30 〜 18:00

 

12日(火)11:30 〜 18:00

 

16日(土)11:30 〜 18:00

 

17日(日)11:30 〜 18:00

 

18日(月/祝)11:30 〜 18:00

 

19日(火)11:30 〜 18:00

 

21日(木)11:30 〜 18:00

 

22日(金)11:30 〜 18:00

 

23日(土)11:30 〜 18:00

 

24日(日)11:30 〜 18:00

 

25日(月)11:30 〜 18:00

 

26日(火)11:30 〜 18:00

 

28日(木)11:30 〜 18:00

 

29日(金)11:30 〜 18:00

 

30日(土)11:30 〜 18:00

 

open day comments(0) -
#029 都築明 × miyazono spoon『ふたりの魅せ方』

 

 

2017.08.05(Sat.)〜08.20(Sun.)

 

都築明

1980年 宮城県生まれ。

東北芸術工科大学大学院卒業後、波佐見町へ。

以後、展示会、クラフトフェアを中心に活動中。

シンプルに、料理を乗せることで完成するような器、

使うほどに愛着が湧くような器を目指して日々制作。

 

RITMUS的解説

都築さんと出会ったのはもう数年前。

出会って数年のある日、ふと彼が見せてくれた緑青色の作品に心奪われました。

その緑青色はとても力強く、そして品位を感じました。

パスタやスープ、トマトやビーツの赤、カボチャやコーンの黄色、

ホワイトシチューの白、白身魚のカルパッチョなどが美しく映える作品です。

アイテムによっては意外と和菓子にもいけます。

今回は新作が多数並びます。

今まで都築さんの作品をお持ちの方も

新しい都築さんのカタチに出会える展示となっております。

 

 

miyazono spoon

1984年 三重県生まれ。鹿児島育ち。

2008年 茨城大学教育学部情報文化課程生活デザインコース 卒業

2010年 就職したものの…

ものづくりへの想いがふくらみ、制作再開。

2011年 miyazono spoon を立ち上げる。

 

RITMUS的解説

赤ちゃんもおじいちゃん、おばあちゃんも、

みんなが使えるスプーンを目指し、

 “こんなスプーンがあったらいいな!”を日々かたちにしている、

miyazono spoon』こと、宮薗なつみさんの作るスプーンは、

赤ちゃんからお年を召した方まで、

誰もが笑顔で幸せな気持ちになれるスプーンのような気がします。

優しいフォルムと温かみのあるスプーンは、

もちやすく、口触りがとてもやさしいので、

大切な誰かへのおくりものとしてもぴったりだと思います。

 

 

 

08.06(Sun.)

パタゴニアの南喫茶店(齋藤キャメル)さんの『旅をする木の卵を使ったフレンチトースト日和』

1,000円(税込)・・・ナカシマファームさんのアイスクリーム付き

25食限定(なくなりしだい終了)

 

 

FB →

 

exhibition comments(0) -
2017 08月 open day

03日(木)11:30 〜 18:00

 

05日(土)11:30 〜 18:00

 

06日(日)11:30 〜 18:00

 

07日(月)11:30 〜 18:00

 

08日(火)11:30 〜 18:00

 

10日(木)11:30 〜 18:00

 

11日(金/祝)11:30 〜 18:00

 

12日(土)11:30 〜 18:00

 

13日(日)11:30 〜 18:00

 

14日(月)11:30 〜 18:00

 

15日(火)11:30 〜 18:00

 

17日(木)11:30 〜 18:00

 

18日(金)11:30 〜 18:00

 

19日(土)11:30 〜 18:00

 

20日(日)11:30 〜 18:00

 

21日(月)11:30 〜 18:00

 

22日(火)11:30 〜 18:00

 

24日(木)11:30 〜 18:00

 

25日(金)11:30 〜 18:00

 

26日(土)11:30 〜 18:00

 

27日(日)11:30 〜 18:00

 

28日(月)11:30 〜 18:00

 

29日(火)11:30 〜 18:00

 

31日(木)11:30 〜 18:00

 

 

open day comments(0) -
#028 前田一郎『鼻唄まじりのガラスたち』

 

2017.07.15(Sat.)〜07.30(Sun.)

 

前田一郎

1954年 鳥取県生まれ。

1984年 長野市郊外の金魚鉢工場、難波硝子製作所でガラス吹きをおぼえる。 

1986年 長野市に小さなガラス炉を築く。

 

RITMUS的解説

前田一郎さんの吹くグラスは、なんとなく「フニュ」って感じがします。

夏休み、鼻唄まじりに飲む、麦茶や冷たい牛乳、お酒にとても良く合うやさしいガラスたち。

何気ない風景の1コマとして、

食卓や縁側でほっこりゆるやかに、側で語りかけてくれているようです。

つかみどころのない前田さんご本人の魅力にもとても惹かれます。

 

7月22日(土)オープニングライブ

風博士 × ミヤタケタカキ

■ 会場:RITMUS

■ 時間:開場時間 17時/開演時間 19時

■ 予約先:info@ritmus-store.com/0952-97-5876

■ライブ代:3,600円

余韵[旧日々のおやつ]さんのあかつきを使ったお菓子と、

ヤマとカワ珈琲店さんの珈琲付き。

 

※ライブ当日は、今回集中豪雨により被災されました、

朝倉とその周辺の方々へのチャリティーとして、

下記の方々の私物も格安で販売いたします。
チャリティーイベント:17時から
ライブ:19時前から

●チャリティー参加
RITMUS(私物のうつわ中心)
余韵(お菓子の型など) 
12douze(私物の古道具)
colerestudio(ドライフラワー)
alt(文具)
吉田健宗(うつわ) 
都築明(うつわ)
馬場夫妻(なにか)
TIMER CALIFORNIA KITCHEN(パン&グラノーラ)
ka-ji-(作品)
※当日はエコバッグ持参でお願いいたします。
また、
ご自身の名刺やショップカードや
展示会のお知らせなどなど、
皆さんに知って頂きたいので、
ご持参頂ければ幸いです。

 

当日、お車がなく、
電車や高速バスで来られる方は
お迎えにあがります。

exhibition comments(0) -
#027 川原幸子『3 COLOR MARCH』

 

2017.07.15(Sat.)〜07.30(Sun.)

 

川原幸子

福岡県行橋市在住

陶胎漆器という手法で作品づくりをしている。

漆を使ったやさしい色合い、

手にした時のほっこりした感じを

楽しんでいただくことを目標に日々作陶中。

 

RITMUS的解説

川原さんの作る器のハッピー感のあるカラーと、

陶器を思わせない溶けるような感じは、

焼成した陶器に漆を塗り重ねることで生まれてくる色と質感です。

内側にある大きめに入った貫入がさらに作品の存在感を高めています。

食卓に、家族の温かな幸せと笑顔を運んでくれるような作品だと思います。

exhibition comments(0) -
| 1/6 | >>