うつわと洋服と音楽と佐賀の情景と...etc
#029 都築明 × miyazono spoon『ふたりの魅せ方』

 

 

2017.08.05(Sat.)〜08.20(Sun.)

 

都築明

1980年 宮城県生まれ。

東北芸術工科大学大学院卒業後、波佐見町へ。

以後、展示会、クラフトフェアを中心に活動中。

シンプルに、料理を乗せることで完成するような器、

使うほどに愛着が湧くような器を目指して日々制作。

 

RITMUS的解説

都築さんと出会ったのはもう数年前。

出会って数年のある日、ふと彼が見せてくれた緑青色の作品に心奪われました。

その緑青色はとても力強く、そして品位を感じました。

パスタやスープ、トマトやビーツの赤、カボチャやコーンの黄色、

ホワイトシチューの白、白身魚のカルパッチョなどが美しく映える作品です。

アイテムによっては意外と和菓子にもいけます。

今回は新作が多数並びます。

今まで都築さんの作品をお持ちの方も

新しい都築さんのカタチに出会える展示となっております。

 

 

miyazono spoon

1984年 三重県生まれ。鹿児島育ち。

2008年 茨城大学教育学部情報文化課程生活デザインコース 卒業

2010年 就職したものの…

ものづくりへの想いがふくらみ、制作再開。

2011年 miyazono spoon を立ち上げる。

 

RITMUS的解説

赤ちゃんもおじいちゃん、おばあちゃんも、

みんなが使えるスプーンを目指し、

 “こんなスプーンがあったらいいな!”を日々かたちにしている、

miyazono spoon』こと、宮薗なつみさんの作るスプーンは、

赤ちゃんからお年を召した方まで、

誰もが笑顔で幸せな気持ちになれるスプーンのような気がします。

優しいフォルムと温かみのあるスプーンは、

もちやすく、口触りがとてもやさしいので、

大切な誰かへのおくりものとしてもぴったりだと思います。

 

 

 

08.06(Sun.)

パタゴニアの南喫茶店(齋藤キャメル)さんの『旅をする木の卵を使ったフレンチトースト日和』

1,000円(税込)・・・ナカシマファームさんのアイスクリーム付き

25食限定(なくなりしだい終了)

 

 

FB →

 

exhibition comments(0) -
2017 08月 open day

03日(木)11:30 〜 18:00

 

05日(土)11:30 〜 18:00

 

06日(日)11:30 〜 18:00

 

07日(月)11:30 〜 18:00

 

08日(火)11:30 〜 18:00

 

10日(木)11:30 〜 18:00

 

11日(金/祝)11:30 〜 18:00

 

12日(土)11:30 〜 18:00

 

13日(日)11:30 〜 18:00

 

14日(月)11:30 〜 18:00

 

15日(火)11:30 〜 18:00

 

17日(木)11:30 〜 18:00

 

18日(金)11:30 〜 18:00

 

19日(土)11:30 〜 18:00

 

20日(日)11:30 〜 18:00

 

21日(月)11:30 〜 18:00

 

22日(火)11:30 〜 18:00

 

24日(木)11:30 〜 18:00

 

25日(金)11:30 〜 18:00

 

26日(土)11:30 〜 18:00

 

27日(日)11:30 〜 18:00

 

28日(月)11:30 〜 18:00

 

29日(火)11:30 〜 18:00

 

31日(木)11:30 〜 18:00

 

 

open day comments(0) -
#028 前田一郎『鼻唄まじりのガラスたち』

 

2017.07.15(Sat.)〜07.30(Sun.)

 

前田一郎

1954年 鳥取県生まれ。

1984年 長野市郊外の金魚鉢工場、難波硝子製作所でガラス吹きをおぼえる。 

1986年 長野市に小さなガラス炉を築く。

 

RITMUS的解説

前田一郎さんの吹くグラスは、なんとなく「フニュ」って感じがします。

夏休み、鼻唄まじりに飲む、麦茶や冷たい牛乳、お酒にとても良く合うやさしいガラスたち。

何気ない風景の1コマとして、

食卓や縁側でほっこりゆるやかに、側で語りかけてくれているようです。

つかみどころのない前田さんご本人の魅力にもとても惹かれます。

 

7月22日(土)オープニングライブ

風博士 × ミヤタケタカキ

■ 会場:RITMUS

■ 時間:開場時間 17時/開演時間 19時

■ 予約先:info@ritmus-store.com/0952-97-5876

■ライブ代:3,600円

余韵[旧日々のおやつ]さんのあかつきを使ったお菓子と、

ヤマとカワ珈琲店さんの珈琲付き。

 

※ライブ当日は、今回集中豪雨により被災されました、

朝倉とその周辺の方々へのチャリティーとして、

下記の方々の私物も格安で販売いたします。
チャリティーイベント:17時から
ライブ:19時前から

●チャリティー参加
RITMUS(私物のうつわ中心)
余韵(お菓子の型など) 
12douze(私物の古道具)
colerestudio(ドライフラワー)
alt(文具)
吉田健宗(うつわ) 
都築明(うつわ)
馬場夫妻(なにか)
TIMER CALIFORNIA KITCHEN(パン&グラノーラ)
ka-ji-(作品)
※当日はエコバッグ持参でお願いいたします。
また、
ご自身の名刺やショップカードや
展示会のお知らせなどなど、
皆さんに知って頂きたいので、
ご持参頂ければ幸いです。

 

当日、お車がなく、
電車や高速バスで来られる方は
お迎えにあがります。

exhibition comments(0) -
#027 川原幸子『3 COLOR MARCH』

 

2017.07.15(Sat.)〜07.30(Sun.)

 

川原幸子

福岡県行橋市在住

陶胎漆器という手法で作品づくりをしている。

漆を使ったやさしい色合い、

手にした時のほっこりした感じを

楽しんでいただくことを目標に日々作陶中。

 

RITMUS的解説

川原さんの作る器のハッピー感のあるカラーと、

陶器を思わせない溶けるような感じは、

焼成した陶器に漆を塗り重ねることで生まれてくる色と質感です。

内側にある大きめに入った貫入がさらに作品の存在感を高めています。

食卓に、家族の温かな幸せと笑顔を運んでくれるような作品だと思います。

exhibition comments(0) -
2017 07月 open day

01日(土)11:30 〜 18:00

 

02日(日)11:30 〜 18:00

 

03日(月)11:30 〜 18:00

 

04日(火)11:30 〜 18:00

 

06日(木)11:30 〜 18:00

 

07日(金)11:30 〜 18:00

 

08日(土)11:30 〜 18:00

 

09日(日)11:30 〜 18:00

 

10日(月)11:30 〜 18:00

 

11日(火)11:30 〜 18:00

 

13日(木)11:30 〜 18:00

 

15日(土)11:30 〜 18:00

 

16日(日)11:30 〜 18:00

 

17日(月/祝)11:30 〜 18:00

 

18日(火)11:30 〜 18:00

 

20日(木)11:30 〜 18:00

 

22日(土)11:30 〜 18:00

 

23日(日)11:30 〜 18:00

 

24日(月)11:30 〜 18:00

 

25日(火)11:30 〜 18:00

 

27日(木)11:30 〜 18:00

 

28日(金)11:30 〜 18:00

 

29日(土)11:30 〜 18:00

 

30日(日)11:30 〜 18:00

 

31日(月)11:30 〜 18:00

 

 

 

open day comments(0) -
#026 Sagas Parade

 

 

2017.06.24(Sat.)〜07.09(Sun.)

 

●陶器

川口武亮[有田]

川本太郎[富士]

府川和泉[七山]

山下寛兼[久保田]

 

●磁器

熊本象[唐津]

たなかふみえ[有田]

照井壮[有田]

山本亮平[有田]

 

 

●food&more

耕房野の風[塩田]・・・雑穀米

Savon de Rin[大和]・・・石鹸

さわやま[有田]・・・ベーグル

ナカシマファーム[塩田]・・・チーズ&アイス

“Have a nice coffee”[佐賀]・・・珈琲

唯一味[唐津]・・・一味唐辛子

余韵(旧日々のおやつ)[鳥栖]・・・焼き菓子

 

 

●デザイン

akka[佐賀]

 

7月2日(日)

カレーのアキンボ×TIMER CALIFORNIA KITCHENの

月一食堂は満席となりました。

 

 

 

RITMUS的解説

佐賀在住のステキなつくり手を集めた、展示会となります。

 

 

 

 

 

exhibition comments(0) -
丸田宗一廊さんの薪窯で焼いた白磁碗

 

丸田宗一廊さんの薪窯で焼いた白磁碗

 

白磁は、その名から白色の器の印象ですが、

薪釜で焼いた白磁は窯変により

白以外に青みや黄味がかった色が生まれます。

 

とてもシンプルな作品ゆえ、

気取らず、普段使い用に気軽に使え、

お酒を酌み交わし語り合う時間にも使いたくなる器です。

 

我が家ではつけ麺用にも愛用中。

 

冷たい印象の白磁も

ぽってりとしたフォルムが素朴で温かみを感じさせ、

安心感のある重みと丈夫さが

心を和ませてくれるのは、

丸田さんの作品の魅力だからなのかもしれません。

 

 

商品詳細はこちらへ

 

陶器:丸田宗一廊さんの薪窯で焼いた白磁碗 comments(0) -
Keicondoさんの黄土色のプレート M

 

 

Keicondoさんの黄土色のプレートM

 

敢えて釉薬を焦がし、絶妙な焼き色は

木を削って作られたようにも見えたり、

大地を思わせる色。

Keicondoさんのオリジナルの釉薬、

橙砂釉(だいしゃゆう)によって生み出された色が特徴。

 

マットな釉がかけられているので、お油染みなどの汚れも防いでくれ、

使い込むほどに馴染んでくるのが分かります。

 

トマトの赤、ハーブや葉野菜の緑、チーズの白、

しっかり焼いた肉の茶色…….

 

黄色い色の器は食材のもつエネルギーを引き出し、

食欲を掻き立て、何より使って嬉しく、楽しくなる器です。

 

料理を絵のように自由に盛り付ける事ができるのも魅力。

生き生きと美味しく見せてくれます。

またかさ張らずに収納できるのも嬉しい。

 

ひとつとして同じ焼き上がりではない作品です。

裏もとても魅力的。

お店にお越しの際には、

じっくりと見比べて選ぶ時間も楽しんでいただければ幸いです。

 

 

商品詳細はこちらへ

 

陶器:Keicondoさんの黄土色のプレートM comments(0) -
#025 『様々』

 

 

2017.06.03(Sat.)〜06.18(Sun.)

 

上治良充(革小物)

1986年  東京都生まれ。千葉県在住。

家具等の修理、修繕業と平行し、生活の道具などを製作。

特別な 道具も機械もほとんどなく、手をつかってカタチにしている。

 

 

只木芳明(木工)

1990年  埼玉県生まれ

2010年  少しずつ実家の一室で木を彫り始める。

現在、作業を繰り返すなかで気付いたことと、身に着いたものを
拾ったり捨てたり選択しながら、埼玉県で器や匙等道具を制作。

 

 

田中友紀(金工)

1986年  愛知県東海市生まれ

2008年  活動をはじめる

暮らしと旅と音楽を愛しながら、さまざまな金属で

アクセサリー・器・暮らしの道具他、オブジェなど制作。

 

 

額賀円也(陶器)

1983年  東京都生まれ

2004年  愛知県立窯業高等技術専門校修了

所勤務を経て独立、岐阜県土岐市にて

鉄釉や三島など、 味のある 風合いの焼き物を制作。



 

 

RITMUS的解説

今気になっている、異素材の4作家を集めた企画展です。

exhibition comments(0) -
2017 06月 open day

03日(土)11:30 〜 18:00

 

04日(日)11:30 〜 18:00

 

05日(月)11:30 〜 18:00

 

06日(火)11:30 〜 18:00

 

08日(木)11:30 〜 18:00

 

09日(金)11:30 〜 18:00

 

10日(土)11:30 〜 18:00

 

11日(日)11:30 〜 18:00

 

12日(月)11:30 〜 18:00

 

13日(火)11:30 〜 18:00

 

15日(木)11:30 〜 18:00

 

16日(金)11:30 〜 18:00

 

17日(土)11:30 〜 18:00

 

18日(日)11:30 〜 18:00

 

24日(土)11:30 〜 18:00

 

25日(日)11:30 〜 18:00

 

26日(月)11:30 〜 18:00

 

27日(火)11:30 〜 18:00

 

29日(木)11:30 〜 18:00

 

30日(金)11:30 〜 18:00

 

 

open day comments(0) -
| 1/5 | >>